大宮、北与野、さいたま新都心の託児所・一時託児所大宮、北与野、さいたま新都心駅近くの託児所

えいち保育スクール
月極託児&一時託児スクール
ブログ
[最近の記事]
ハロウィンパーティー
2017/11/30
ハロウィンパーティーこんにちは! 遅れてしまいましたが、10月31日に園でハロウィンパーティーを開催しました(^^♪お忙……続きを読む

皆で遠足に行きました(^^♪
2017/10/03
皆で遠足に行きました(^^♪こんにちは☆ 先日、園の子どもたちは電車に乗って北浦和公園まで遠足に行きました!公園にはどんぐりや葉……続きを読む

2017/07/02
子どものイヤイヤ期お久しぶりです(^^♪ 蒸し暑い日が続いていますね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。現在、私の息子……続きを読む

お皿の絵付け ポーラセーツイベント
2017/03/28
お皿の絵付け ポーラセーツイベントこんにちは☆ 渡邉です。日曜日にポーラセーツというお皿の絵付けイベントを開催しました。そしてポーラセ……続きを読む

花壇ができました
2017/03/23
花壇ができましたこんにちは(*^^*) 渡邉です☆そろそろ花壇作りを始めようと子どもたちと「ジュリアン」を植えました……続きを読む

全て表示
メールマガジン登録

幼児教室

えいち保育スクールは、北与野駅から徒歩3分、さいたま新都心駅から徒歩7分の好立地にあります。

経験豊かなスタッフと、充実したプログラムで、子どもの考える力を伸ばし、可能性を最大限に伸ばします。こどもにとって大切な乳幼児期に、学ぶことの土台をしっかりと構築し、同時に思いやりや優しさなどの人間性を育む活動を、保育を通して行っていきます。

面倒な手続きは一切不要です。

幼児教室と提携した本格的なレッスン
手先の巧緻性を高める図画工作
専任講師による中国語と英語のレッスン
農園での食育学習

心・体・脳を鍛えるすべてのプログラムを無料で受けることができます。

教育方針は、幼児知能教育の基盤を確立し、発展させた北欧メソッドを取り入れています。
北欧式教育メソッド・・・・・
@詰込み教育をしない
A自ら考え、実行できる力を育てる。
B得意を見つけ、伸ばす。
 不得意を見つけ克服する。

保育スタッフは、保育士の有資格者や幼稚園教諭免許を持っている者、幼児教室講師経験者、カウンセラー資格を持っている者などがおり、大切なお子様を万全な体制でお預かりしいたします。

※施設賠償保険、傷害保険にも加入しております。

全脳(右脳+左脳)教育を実践しています

コペル

全国80店舗展開し、全脳教育を行っている「幼児教室のコペル」と提携しているため、質の高い知能教育を受けることができます。
通常入室するのに入会金(20,000円)および月会費(17,280円)が必要ですが、当園の月極託児なら全額こちらで負担します。コペルに通うと月4回のレッスンしかありませんが、えいちならほぼ毎日レッスンが受けられます。
もちろん講師はコペル認定講師。

知能教育を実践している園は数多くあっても、スピーディーでショーを見ているかのようなレッスンをする園はありません。
週ごとに教材が変わるのもコペルだけ。フラッシュカードは月ごとに替わります。子どもたちを飽きさせることなく、学ぶことの楽しさを知ってもらいます。

※教材数、カード数が多いと何がいいか?
たくさんの教材に触れたり、見たりすることで五感を刺激するため、他の幼児教室よりその機会が多いと言えます。

乳幼児期に英語と中国語が学べます

中国語と英語

英語と中国語を同時に学ぶのには理由があります。
@将来を見据えて可能性をひろげるため

A英語と中国語は母音の数もほぼ同じ、周波数も近いため、相乗効果をもたせることができる

発音力と聞き取り力をあげるためには、小さい頃から繰り返し多言語を聞いていく必要があります。
人間の脳はいらない音を排除していくため、小さい頃聞かなかった音は「雑音」として削られてしまう。
人間はどんな周波数も聞き取れる能力を持って生まれてきます。必要のない音を排除してしまったのではせっかくの能力を埋もれさせてしまうことと同じです。
できるだけ多くの言語を幼児期に聞く必要があるため、トリリンガル教育を行っています。

園で食育をしています

園で食育に力を入れています
天候不順、お子様の体調不良などにより農園に行けない日が多く植物の成長を見ることができなかったため園で野菜と果物を育てることにしました。

野菜がどのような過程で育つのかを知り、虫の存在を知ります。
食べ物や虫への興味だけではなく、食べ物に感謝する気持ちも教えています。

好奇心の芽を育て、考える力を伸ばす教育をしています

図鑑

頭がいい子の家に置いてある共通なものとは何か知っていますか?
それは、図鑑です。
毎日、図鑑や絵本を読むことで興味や好奇心を育て、自ら学ぼうとする子に育つと言われています。
勉強は「しなくてはならない」と思うから辛いのだと思います。子どもが「楽しい」と思える瞬間をできるだけ多く提供することが、後々自ら学び考える力を鍛えていくことになるのです。
また、子どもの「なぜ?」「どうして?」にしっかりと向き合い一緒に考え答えを出すようにしています。
それだけではなく、行事の説明やマナーの説明をする時もただ伝えるという形はとりません。
「どうしてかな?」「なんでだと思う?」と、子どもたちに考えさせる教育をしています。

やさしさ、思いやりのある心を育て徳育を大事にしています

少人数制の混合保育

少人数制の混合保育のため、年長さんは年少さんを思いやり、年少さんはそれを見て優しさや思いやりを知っていきます。
少人数制なので、年長さんばかりが我慢する環境ではなく、保育スタッフがしっかりと話を聞き、愛情を注いでいます。
年が上なだけで、思いやりややさしさを強要することは逆効果になりますので当園ではそのようなことはしません。
子どもはお友達からだけではなく、身近にいる大人からたくさんのことを吸収していきます。
まず、保育スタッフがきちんと子どもと向き合い、愛情を注ぐことが心を安定させ、優しい気持ちを育てる土台になると考えているため、保育スタッフ自らが実践し、学んでもらうようにしています。
新着情報

2017/01/13

えいち保育スクールは、個性と自主性を育て、可能性を最大限に伸ばす北欧の教育メソッドを取り入れ、こどもにとって大切な乳幼児期に、学ぶことの土台をしっかりと構築し、同時に思いやりや優しさなどの人間性を育む活動を、保育を通して行っていきます。


RSS
全て表示
お問合せフォーム

PageTop